デイケアでコンサート♪

昨日は東京プラヰマリーのサポートメンバーとお友達ミュージシャンを集めて、地元にあるデイケアでコンサートをさせていただきました!


 

利用者さんたちから見ると、孫のようなものだと思うのですが、そこに甘えずにしっかりミュージシャンとして何か残したいなと思って臨みました。

 

 

利用者さんの目をしっかり見て歌っていきましたが、みなさん本当に真剣に観て、聴いていてくださって、「歌っているのとは別に、目で会話している」ような感覚になりました。

 


気のせいじゃないなと思っています。

 

 

幼稚園での演奏の時にも似たような感覚があって、共通している事は、「表面だけのものは、すぐにバレるどころか、邪魔にしかならない」ということです。

 


つい「完璧に歌わないと!」と意気込んでしまいます。そこばかりに捉われてしまいがちでした。

 

 

しかし「完璧に演奏する」ことと、「伝わる演奏をする」ということは次元が違うと思います。


 

(「完璧な演奏」にもいろいろあります、正解はありませんから。)

 

 

「完璧に演奏する」のはある意味当たり前で、それを以て「伝わる演奏」をする。

 

 

これが自分があるべき姿、目指すところだと認識しました。

 

 

つい「完璧に演奏する」ことをゴールにしてしまいがちですが、「人に音楽を聴かせる」とは、どうあるべきか。

 

 

それを気づかせてくれる経験でした。


 

 

 

 

今回演奏のお話をくださった須藤先輩!大森さん、そしてスタッフの皆さん。

 

 

ありがとうございました!