「作戦」

昨夜はドラムのサイトウユウキ宅で、二人でバンドの作戦会議をする約束があった。

 

21時に行くと言って20時40分過ぎに家を出て、着いたのが20時58分だった。我ながらベストだなと思った。

 

ドアをノックした時に、鍵が開いているのに気づき、入ろうとドアを開けたら、

 

暗闇の中、目の前で手をこっちに伸ばして立ってる人影に、私は思わず悲鳴をあげた。


「うわぁっ!」

 

するとその影はこう言った。

 

「・・・時間きっかりに来るって言ってたのに、2分早かったから、驚かしてやったんだ。」

 

 

彼には昔からこういう一面がある。


それから、口の中でこもらせたような、抜けの悪い声で笑いながら、私を薄暗い部屋に招き入れるのだ。

 

そういう時の彼は、実に楽しそうだ。

 

 面白くない私は「バカじゃないの」と言いながらも、いつものようにダンボールに入った漫画を取り出し、ソファーにもたれながらテレビを見た。

 

そんな気だるいスタートだったが、ぼちぼち始まった作戦会議は、バンド経験が豊富な彼のリードにより、思いのほか有意義なものとなり、とても明るい未来を描くことができた。

 

そういう時の彼は、実に頼もしい。

 

 

会議中に彼が「喉が渇いた」と言って、冷蔵庫を開けた。

 

「お酒飲んでいい?」

 

常にドライバーである彼がお酒を飲む姿は、たぶんここでしか見られない。

 

「うん、いいよ」

 

珍しくお酒を飲むなんて言うもんだから、なにか気分転換でもしたいのかな。それに、お酒飲んだことあるのかなと、少し心配になった。

 

そんな心配をよそに、梅酒を水のように喉を鳴らしながら飲み干した。

 

「ははっ、そんな風にお酒を飲むやつ、初めて見たよ」

 

「喉、渇いてたからな」

 

砂漠の中を6時間歩いて、やっと水にありつけたラクダのような顔だった。

 

しかし、5分もすると彼は目を充血させ始め、船をこぐ準備をし始めた。

 

今日はここまでかな。

 

と帰ろうとした時、気づいた。

 

「あ!お前、お酒飲んじゃったじゃねえか!」

 

そう、いつも帰りは車で送ってくれるのだ。


好意で「送っていただいている身」ではあるものの、当然送ってもらえるものだと思い込んでいたのだ。

 

習慣というのは謙虚さを消し去るものである。

 

「しょうがない、今日は歩いて帰るわ」

 

湿っぽく私がそう言った。

 

すると彼は不敵な笑みを浮かべ、こう言った。

 

 

「だから、、お酒飲んで良いか聞いたんだ。」

 

 

薄暗い部屋の中で、グラスの底に残った最後の一口を、いやらしく啜った。


 彼にはこういう一面がある。

 

そしてそういう時の彼は、

 

実に楽しそうだ。

 

 

 



注:ノンフィクションですが、多少、脚色しております。